SBSトップ > サービスガイド( 4 データ作成ガイド)

サービスガイド

データ作成ガイド

SBSでは本文・表紙データともに、お客様がアップロードされたデータを印刷いたします。
下記の手順やご注意をよくお読みいただき、お間違えのないようにアップロード用データを作成してください。

アップロード用データはPDF形式で作成してください。

SBSでは、PDF形式のデータを印刷用データとして使用します。したがって、お客様にはデータ作成に使用されたソフトウェアの種類に関わらず、PDF形式で保存いただき、そのデータをアップロードしていただきます。

さまざまなソフトウェアで作成された原稿データ

本文・表紙データとも、
フォントの埋め込まれた、PDFファイルをアップロードしてください。

ご使用のソフトでデータを作成し、フォントが埋め込まれた状態のデータを
PDFファイルでアップロードしてください。

※PDFの作成方法は、ご使用のソフトの「ヘルプ」もあわせてご参照ください。

本文のデータ作成について詳しく見る

※本文データは1ページごとで作成してください。

表紙のデータ作成について詳しく見る

※表紙データは1枚につながった状態で作成してください。

SBSでは、各種制作サポートをご用意しています。ぜひご活用ください

各種制作サポートのイメージ

制作サポート サービスガイド

本文データ作成について

余白設定

余白の設定は基本的にはお客様が自由に設定していただけます。
ただし、印刷の仕様によっては文字が見えなくなることがございますので、最低15mmの余白を作ることをおすすめします。

余白設定のイメージ

塗り足し・トンボ

原寸サイズでのアップロードが基本的ではありますが、断ち切りデザイン(ページの余白がなく、紙面の端まで写真やイラストが載っている状態)がある場合などは、塗り足しを上下左右3mmずつ取り、トンボをつけたデータを作成してください。

画像解像度

原寸サイズで、下記の解像度になるように作成してください。

カラー 300〜350dpiグレースケール 350〜600dpiモノクロ 600〜1200dpi

※上記以下の解像度で作成されますと、画像が荒れるなどイメージされる表現とは異なる結果となる場合がございますのでお気を付けください。

フォントの埋め込み

データをPDF保存する際、必ず「フォントの埋め込み」という処理を行ってください。
埋め込みがなされていない場合、フォントによっては文字化けを起こし、正しい文字が表記されずに印刷される場合があります。

[ フォントの埋め込み確認方法(Adobe Readerをご使用の場合) ]

フォントの埋め込み確認方法イメージ

使用フォントの横が(埋め込みサブセット)という表示になっていればフォントは埋め込み状態となっています。

アップロード容量

50MBまでとなります。
※50MB以上のサイズのファイルはアップロードすることができませんので、お手数おかけしますがSBSまでお問い合わせください。

ライトノベル巻頭カラーページ

巻頭カラーページ付きのライトノベルを作成される場合は、
巻頭カラーページと本文をセットにして連続データとしてアップロードしてください。

奥付

本の最終ページには本の情報を記載する「奥付」が入ります。
「本づくりスタート」のプロジェクト設定画面で入力される
「タイトル」、「著者名」、印刷注文時の「日付」が反映されます。

※奥付文の追加ページ費用は当社で負担致します。

奥付のイメージ

作成メニューへ

表紙データ作成について

表紙サイズ一覧

下記のサイズに従ってデータを作成してください。

カバーなし ソフトカバー ハードカバー

※表紙・裏表紙・背表紙を1枚につながった状態で
作成してください

の部分は塗り足し3mm

※背幅はページ数により変動します

●ソフトカバー・ハードカバーの「本体表紙」

【本体表紙を作成される場合】
黒1色で全面にデザインする事ができます。
データ作成後、SBSまでご連絡ください。
【本体表紙を作成されない場合】
背表紙にタイトルと著者名が黒1色で反映されます。
※書体は当社フォントとなります。
※本体色は白です。
※背幅が狭い場合は反映されません。
※ハードカバーの場合、背表紙にタイトルと著者名が金色で反映されます。

表紙レイアウト

表紙をつくる際は、下図を参考に左右をお間違えないよう作成してください。

右綴じの場合

左綴じの場合

背幅サイズ

背幅サイズは、「本づくりスタート」ボタンよりガイダンスに従って入力、アップロードをすると、
[ 表紙アップロード ]の画面で、その作品の表紙制作に必要な背幅サイズが表示されます。その表示されたサイズに従い、背表紙を作成してください。

背幅サイズは、「本づくりスタート」ボタンよりガイダンスに従って入力、アップロードをすると、[ 表紙アップロード ]の画面で、その作品の表紙制作に必要な背幅サイズが表示されます。その表示されたサイズに従い、背表紙を作成してください。

塗り足し・トンボ

必ず塗り足しを上下左右3mmずつ取り、トンボをつけたデータを作成してください。

画像解像度

カラー 300〜350dpiグレースケール 350〜600dpiモノクロ 600〜1200dpi

※上記以下の解像度で作成されますと、画像が荒れるなどイメージされる表現とは異なる結果となる場合がございますのでお気を付けください。

フォントの埋め込み

データをPDF保存する際、必ず「フォントの埋め込み」という処理を行ってください。
埋め込みがなされていない場合、フォントによっては文字化けを起こし、正しい文字が表記されずに印刷される場合があります。

アップロード容量

50MBまでとなります。
※50MB以上のサイズのファイルはアップロードすることができませんので、お手数おかけしますがSBSまでお問い合わせください。

ページトップへ